2014年10月12日

録画比較


自由掲示板で録画ソフトの話し出たので少し比較してみました。

とは言っても三種だけですがどれも性能は良いので、コレで勘弁してください

録画するもハードとソフト

1、HDMI ビデオキャプチャー (ゲームキャプチャー) DN-10852
ソフトではなくハードでの、HDMI端子でPCとモニターの間に繋ぐ外部録画機器です
20140613160209_849_s.jpg

メリット
PCから出力された画像データを途中で録画するのでPCのスペックに依存しません
本体上部の大きな丸いボタンを押すと録画・停止と簡単操作
モニターに移るものならゲームでもディスクトップでも関係なしに録画できる
録画はMPEG2で30FPS固定で容量はかなり軽い
YouTubeにそのままアップロードできる
前々回のGTX980のベンチマークテストはコレで録画してあるため、スコアはそのままです。
10月3日投稿「GTX980購入」へ


デメリット
本体1万円くらいで、SDカードも別途必要で容量的に32Gでクラス10くらいと良いやつ
PCに取り込むためにはSDカードアダプターも必要だし
さらに、本体電源にUSPケーブルとそれを繋ぐ電源アダプタかPCから貰わないといけない
おまけにHDMIケーブルもう1本必要で、結果2万くらいかかる
録画は上記から変更不可
音源が2ステレオしか対応しておらず、5.1サラウンドだと音声が保存されない
ベンチマークソフトの「3DMark11」のように画面切り替え時に一瞬モニター電源切れると録画できない


Bandicam
説明云々はhttp://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/249.htmlより
昔から愛用している録画ソフトです
画質重視でMPEG1で録画しているため容量は大きいですが
プレーヤーで再生し、一時停止したものをSS撮り、ブログに張るつけたりしてます
昔、同社のGomPlayerにマルウェア(ウイルス)感染していた事件があり好まない人もいるが
2014年3月6日マルウェア(ウイルス)感染に関するお詫びと調査結果のご報告へ
使い勝手は一番いいと思います


NVIDIA ShadowPlay
説明云々はhttp://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/408.htmlより
Geforce Experienceの中に付属してあるもので、存在そのものは知っていました
対応のゲームしか録画できず、マビノギ英雄伝は録画できなかったためスルーしていましたが
今年の4月くらいのバージョンで「デスクトップキャプチャー」できるようになり
未対応のゲームも録画できるようになったようです

使い方

NVIDIA GeForce GTX600台以上のグラボ必須!

NVIDIA GeForce Experience ダウンロードへ

で、ダウンロードですが、GTX600台持ってる人なら、ドライバーですでに入ってるので改めて入れる必要はないと思いますがね

bandicam 2014-10-12 05-27-26-897s.jpg

ディスクトップのキャプチャーを許可にチェック入れます
録画中の表示するステータスインジケーターの表示を指定
デフォルト設定で、録画キーは変更可能で、私は「¥」で録画するようにしてます
「シャドウ記録保存」押すと、過去にさかのぼり最大20分前の録画データを保存します
保存場所は任意に指定できますが、動画の保存先を
D:\
にすると、マビノギ英雄伝はディスクトップ録画扱いとなり
D:\Desktop
のフォルダー内に録画した動画が保存されます
ロストプラネット2のベンチマークテストを録画すると
D:\Lost Planet 2
のフォルダーへと、別枠になりますね

画面右上のShadowPlay押すと、以下のが出ます
bandicam 2014-10-12 06-42-59-423s.jpg

モード(M)
コレでシャドウ(グラボ内に最大20分記録していたのを任意に保存する)か手動録画か切り替えられますが
なぜか手動のみの設定ではマビノギ英雄伝は録画できないので、ここはシャドウ&手動のままです

シャドウ時間(S)
初期では5分なので、最大の20分にしておけばレイド戦闘もあとから録画できる
ただし、ゲーム中にディスクトップの画面に戻り、放置して節電でモニター電源OFF設定で切れると
シャドウの録画保存も切れてしまいます、最大でも20分だし、まずそこまで放置することないですがね

クオリティ(Q)
録画の画質など設定できますが、初期のビットレート50で十分です
ちなみにGTX980だとビットレート130までが最大で
解像度は4Kに対応してますね、4Kモニターないけど
bandicam 2014-10-12 06-52-11-710s.jpg

オーディオ(A)
ボイスチャット使う人はこの辺変えないとだめみたい




録画の比較

ベンチマークテストのソフトで比較します
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編
バイオハザード6ベンチマーク
PHANTASY STAR ONLINE 2 キャラクタークリエイト体験版 ver. 2.0
LOST PLANET2(ロストプラネット2)
Heaven Benchmark 4.0 https://unigine.com/products/heaven/

HDMI ビデオキャプチャーがPCにまったく負荷がない状態なのでコレが基準になります
10月3日投稿「GTX980購入」へがそれになります

ベンチマークスコアFF14BH6FSO2ロスプラ2(FPS)HB4.0(FPS)
HDMI ビデオキャプチャー1649318609184078113.3134.7
Bandicam1598018294160636109.7133.0
ShadowPlay1538017385121621109.8129.6


ベンチマークテスト中のグラボとCPU4コア8スレッドの温度と稼働率とFPS表示つきの動画

ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編
ほぼ誤差といっていいほどスコア減りませんね
CPUは4スレッドしか使ってないようです


バイオハザード6ベンチマーク
こちらも誤差といっていいほどスコア減りませんね
CPUは4スレッドしか使ってないようで、負荷も50%前後とそれほどない


PHANTASY STAR ONLINE 2 キャラクタークリエイト体験版 ver. 2.0
ShadowPlayどうやら苦手なベンチマークみたいです
FPSが400以上となると伸びないみたいですが、オンラインゲーム中では高くても120あれば良いので問題なし


LOST PLANET2(ロストプラネット2)
DirectX11でテストでタイプBモードです
グラボの稼働率は低いがその反面CPU8スレッド使用、FPSも少し下がる程度ですね


Heaven Benchmark 4.0
DirectX11でテストです、今回はじめて使いましたが差は誤差程度です




録画容量
MPEG1や2と違いはあれど
録画時間は同じなのに、高かったり低かったりとバラバラですね

録画ファイル容量(MB)FF14BH6FSO2ロスプラ2HB4.0
HDMI ビデオキャプチャー503308539269502
Bandicam1839248190215701513
ShadowPlay144475416518201824





肝心のマビノギ英雄伝ではというと

ShadowPlayで
ラキオラ戦12分で3.8G
パンテウム10分で3.2G

Bandicamで
カダン戦12分で3.5G
エラハン11分で5.0G

もちろん画質あげれば増えるし、戦闘地域でも変わるので一概にどっちが容量食わないとか言えませんね

マビノギ英雄伝の中でも一番負荷がかかるパンテウムでShadowPlayで録画しながらホストした画像
グラボの稼働率は30%前後と低く、FPSもさすがに下がりますが特に問題なく動けます
CPU稼働率も余裕があり、PTメンバーも問題ないともことです
死神でホスト録画s.jpg

ラキオラ戦でホストでないとき
グラボ、CPUともにフル稼働にはなりません
bandicam 2014-10-12 09-21-45-214s.jpg




ShadowPlayはかなり優秀で録画するには持って来いですが
1つだけ問題点があります

シャドウでグラボ内に最大20分画像を取り溜めて置くために
ShadowPlayを起動中は常時グラボに負荷がかかります

ShadowPlay OFF時
グラボ:電力18%、温度39℃、稼働率36%、冷却ファン回転数49%
bandicam 2014-10-12 05-51-59-089s.jpg

ShadowPlay ON時
グラボ:電力45%、温度46℃、稼働率25%、冷却ファン回転数57%
bandicam 2014-10-12 05-49-01-749s.jpg

ゲーム放置中どころか、ゲーム終了してディスクトップ画面時でもこの状態でシャドウ保存し続けます
別紙で書いて他の見ると20W以上電気食い続けるとか

ともかく録画目的以外で、忘れずShadowPlayは停止しておかないと、グラボに負荷かかり続けることになりますね
グラボの寿命減るまでに至るかわ不明ですが、消し忘れないように心がけておきたいです



こんな感じですが
ShadowPlayはGeForce系のグラボつかっている人にはお勧めと言えます
フルスクリーンでしか撮れないなど、一部不便なところもありますが、無料なので十分お釣り来るでしょう
Bandicam今まで愛用してきましたが、こっちはこっちで使い道は十分あります
今回の記事のSSなども、指定枠内でコレで撮りましたからね

わずか3点ですが録画ソフトの検証でした
今後録画して動画配信したいと思う人は参考にしていただけると幸いです。


スポンサードリンク
posted by あま茶 at 09:51 | Comment(2) | マビノギ英雄伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事作成大いに助かります
(*人´-ω-) 有難う御座いました

これを参考に色々試していきたいと思います


今後ともあま茶さんブログにはお世話になります^^
Posted by AnnaKohl at 2014年10月12日 11:03
いつも拝見しております。
詳細かつ分かりやすい記事で、いつも助かっています。

ShadowPlayは私も使ってますよー
追加投資なしで60fps動画が高画質で撮れるので、重宝しています。
高画質設定で撮った動画を隣の画面で再生してると、たまに操作画面を勘違いすることが…

で、記事を拝見して気づいた点がありましたので、もし参考になれば…とおもいコメントしました。

・常に動画を撮りっぱなしモードについて
 →ShadowPlayの「モード」設定で「手動」変更し、
  普段使わないキーを録画開始・停止キーに設定すればよろしいかとー
  グラボ・ディスク資源の節約にもなりますしね。

  また、設定画面のオーバーレイで録画ボタンを表示させることによって、
  停止し忘れを防ぐという手もあります。

・録画した動画について
 →ShadowPlayで録画したファイルは、VFR(Variable frame rate:可変フレームレート)方式で出力されるので、
  音ズレが発生する場合があります。
  その場合は動画変換ソフトでVFR方式からCFR(Constant Frame Rate)方式に変更する必要があります。
  (わたしゃHandBrakeというフリーソフトでCFRに変換しています。)

次の記事も楽しみにしていますー。
Posted by にーん at 2014年10月13日 08:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。